はげで結婚は・・・AGAクリニックで治療

抜け毛や薄毛に悩まされるAGAの治療方法

昔は年齢を重ねるごとに頭髪が薄くなることが多く、中高年の悩みの種となっていた薄毛の症状ですが、近年では若年でも起こり得るものとして注目されています。抜け毛や薄毛は円形脱毛症といった病気に近いものもありますが、最も多いのは男性ホルモンや遺伝子が関与するAGAと呼ばれる症状です。頭頂部または前頭部のみが薄くなり、後頭部や側頭部は残るという特徴的な症状で、30代から目に見えて薄くなる人もいれば、10代から抜け毛が目立ち、20代では遠くからでも薄毛が分かると言った状態になることも少なくありません。進行性の症状で現代医学でも完治することは不可能となっていて、自然治癒はできないため専門のクリニックなどで治療を受けることになります。このAGA治療は効果があると認められた治療薬を投与する方法と、注射や移植といった外科的な施術の2つに分けられます。投薬治療はフィナステリドやミノキシジルといった飲み薬や育毛剤などを用い、進行を遅らせながら髪の毛を育成させるという方法を採ります。薬による副作用はありますが、治療費が最も安く手軽なので多くの人がこの方法を選んでいます。外科的施術については自毛植毛やメソセラピーといった注射を用いて髪の毛の成長を促進させるのが目的ですが、治療費が高額になりやすく、自毛植毛においては100万円を超えることもあるので選択する人は少ないようです。

薄毛の原因で男性に多いのは?

男性が薄毛になる原因に生活習慣の乱れが挙げられます。食生活が乱れていたり不規則な時間の睡眠、喫煙習慣、運動不足などが理由ですが、こうした生活を続けていると髪の毛の成長を滞らせてしまいます。成長が悪くなれば髪も細くなったり抜け易くなりますので、やがては薄毛になってしまうことがあるのです。
ただ生活を改めることによって改善できる可能性も十分にあります。髪の成長が良くなるような生活を送ることで育毛を促進すること可能ですので、薄毛が心配な場合は日頃の生活を見直してみた方が良いと言えるでしょう。
AGAも男性を薄毛にしてしまう原因です。男性型脱毛症という名称の症状であり、男性によく見られる脱毛原因です。
この脱毛症が発症した時には特徴があります。生え際がM字に薄くなったり頭頂部がO型に薄くなるのですが、そうした薄毛のなり方をしている場合は注意が必要です。AGAが発症した可能性がありますし、そして進行する脱毛症ですからどんどん症状が悪化してしまう恐れがあるのです。
しかしながら治療方法もありますので対策次第では改善することも可能。ただ早めに治療をしないと毛根が弱くなりますので改善が難しくなることもあります。